ふきの煮たの

ふきの煮たの

「ふきの煮たの」の作り方について御紹介致します。「ふきの煮たの」と呼ばれるのは、私自身の田舎で、昔ながらに呼ばれている「ふきの煮物」料理のことです。私も小さい頃から「ふきの煮たの」という言葉を親に聞かされて育ってきました。東京に出てきて「ふきの煮たの」という言葉を使っても、誰もが「?」でした(笑。でも説明するとわかるんですよね♪そんな「ふきの煮たの」の作り方です。材料は、ふき600g、油揚げ1/2枚、赤唐辛子3/4本、しょうゆ1/3カップ、みりん大さじ3、だし汁3/4カップ。これで6人分の「ふきの煮たの」の料理ができます。作り方は、@ふきの葉を取り、水でよく洗い、塩をふって板ずりをします。熱湯にふきを入れ、3分ぐらいゆでて冷水に浸します。次に筋を取り、4cmくらいの長さに切ります。A次に、油揚げに熱湯をかけて油抜きをします。そして食べやすいくらいの大きさに切ります。味にインパクトを持たせるためのポイントとなる赤唐辛子の種は、あらかじめ除いておきます。Bそして次に、鍋にしょうゆなどの味付けの材料を入れて煮立てます。そして、ふき、油揚げ、赤唐辛子を入れて煮立ってきたら火を弱めます。最後に、落としぶたをして、およそ10分間煮込めば出来上がりです。ふきは、子供には、あまり人気がありません。でも、年齢を重ねて、ふきの味をわかるようになると、本当に美味しく感じられます。きゃらぶきの場合は、お菓子のような味が楽しめますので、子供にも抵抗ないのですが、ふきの煮物料理となりますと、「苦み」のおいしさが、まだわからない子供たちには、ちょっと抵抗があるかもしれませんね。タケノコとか、お肉などと、いっしょに煮込めば、子供たちも、美味しく食べられるようになりますよ♪
Sponsored Link
Sponsored Link

カテゴリ

プロフィール

キーワード

eriです。

ようこそ。ふきの料理について調べてまとめました。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ♪

ふきは「山」の風味がして素敵ですよね。

そんな、ふきの料理方法には実に様々な方法があります。

私自身の料理方法をはじめ、色々と調べましたので、ぜひ、御参考にしてくださいませ。

キーワード

ふきの料理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。