「きゃらぶき」の作り方

「きゃらぶき」の作り方

「きゃらぶき」の作り方についてまとめてみました。「きゃらぶき」とは「ふきの佃煮」のことです。昔ながらの懐かしい味のするふき料理です♪実は、私自身も子供の頃からおばあちゃんやお母さんに「きゃらぶき」を作ってもらいました。子供の頃だったから、あまり美味しいとは思いませんでした。お父さんやお母さんたちは、そんな「きゃらぶき」をおいしそうに食べていたのをよく覚えています。私も食べ盛りになった頃、ふき料理のおいしさのことについて何となく分かるようになった頃から、よくふき料理を食べるようになりました。私の家でおばあちゃんやお母さんが作ってくれた「きゃらぶき」の作り方をご紹介させていただきます。初めに、材料は、ふき2kg、昆布60g、お醤油240cc、みりん2/3カップ、砂糖40g。これで8人分の「きゃらぶき」ができます。「きゃらぶき」の作り方ですが、 @ふきを皮つきのまま長さ3センチくらいの長さに切り水気を切ります。A昆布もおよそ長さ3センチに切って、細く切ります。B圧力鍋に、昆布、ふき、醤油、みりんを入れて、ふたを閉めます。およそ10分煮て、そのままさまします。Cふきだけを別の器に移して煮汁に砂糖を加え、煮つめてからふきを戻してつけ込んだ状態で一晩おきます。D次の日、汁気がなくなりまで、じっくりと煮つめれば出来上がりです。さて、そんな「きゃらぶき」ですが、ちょっとした観光スポットへ出かけると、お土産コーナーで販売されているのをよく見かけます。ふきは昔からの懐かしい「味」ですので、ふきが採れる地域であれば日本中のどこでも、その地域のお土産の品にすることができるのですよね。ふきには種類がたくさんありますし、地域によっていろいろな「味付け」がありますので、本当に、日本の食文化の象徴と言えますよね♪
Sponsored Link
Sponsored Link

カテゴリ

プロフィール

キーワード

eriです。

ようこそ。ふきの料理について調べてまとめました。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ♪

ふきは「山」の風味がして素敵ですよね。

そんな、ふきの料理方法には実に様々な方法があります。

私自身の料理方法をはじめ、色々と調べましたので、ぜひ、御参考にしてくださいませ。

キーワード

ふきの料理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。