きゃらぶき

きゃらぶき

ふきには、カリウムと植物繊維が豊富に含まれています。食欲不振に効果があると言われています。ふきの独特の風味には「やめられない」おいしさの秘密が隠されている、そんな、風味が感じられますよね。食べた時に口いっぱいに広がる香ばしい独特の「苦味」は、まさに、おふくろの味の代名詞ですよね♪そんなふきのおみやげや田舎の伝統食としても有名なふき料理に「きゃらぶき」といわれる一品があります。この「きゃらぶき」は、お醤油とお砂糖で佃煮にした、独特なお料理です。そんな「きゃらぶき」の色は「黒」です(笑。見た目の黒さと食べた時の甘さのアンマッチが、また面白い食品ですね♪「きゃらぶき」を何度か噛み砕いていると、ふきの独特の風味が感じられます。佃煮ですので「生」の生々しさはありませんが、食べているうちに、風味がよみがえってくるような、そんな「なつかしい味」が堪能できます。実は、そんな、「きゃらぶき」は、実は、かつては、冬の期間の野菜不足を補ってくれる保存食であり、常備菜として一年中、食卓の上を賑やかせてくれた、そんな貴重な食品だったのですよね。そんな、昔ながらの味「きゃらぶき」は、今ではスーパーや観光地のお土産として水煮のパックにして販売されています。さて、あまり知られてはいないのですが、実は、ふきの葉も食べられるのです。調理方法は簡単です。「きゃらぶき」と同じです。@茹でてから流水にさらしてアクを抜きます。A葉っぱを細かく刻みます。B「きゃらぶき」と同様にお醤油とお砂糖で濃い味の佃煮にします。「きゃらぶき」として佃煮にして保存する方法と生のまま塩漬けにして保存し、調理前に煮てから水で塩抜きをしてから煮物等にして食べる方法があります。
Sponsored Link
Sponsored Link

カテゴリ

プロフィール

キーワード

eriです。

ようこそ。ふきの料理について調べてまとめました。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ♪

ふきは「山」の風味がして素敵ですよね。

そんな、ふきの料理方法には実に様々な方法があります。

私自身の料理方法をはじめ、色々と調べましたので、ぜひ、御参考にしてくださいませ。

キーワード

ふきの料理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。